厳しい財政制約の下で公共インフラの維持・更新の確保を図るためには、下水道事業の計画区域においても浄化槽への転換も含めたインフラ整備の検討が求められます。