海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用に関する法律案に関する質疑が行われました。

質問要旨
質問1、わが国の洋上風力発電の事情について
①導入拡大が進む欧州と比較し、わが国の洋上風力発電の導入に関し、大きく出遅れてしまった原因は何なのか。
②イギリスやオランダでは、世界最大クラスの洋上風力発電所がありますが、わが国においてはどのような計画が出てきているのか。
質問
2、わが国の洋上風力発電のコスト低減について
③わが国の洋上風力発電の設備に関し、1基あたりのコストはどのくらいになると見ているのか。
④審査手続きの合理化による事業者負担の軽減や、工事費用や期間の短縮等のコスト低減の面で、今回の法整備はどのような効果をもたらし、国として、どのように事業者支援を行なっていくことになるのか。
質問3、洋上風力発電設備にかかるものづくり産業としての将来性について
⑤風力発電機の部品点数は、どのくらいか。
⑥2017年度までの、わが国における風力発電の累積導入量のうち、国産機は約30%であると聞きましたが、わが国の風車メーカーの国際競争力を強化するため、今後どのような支援を行なっていくのか。
質問4、洋上風力発電設備の非常災害時におる緊急措置について
⑦災害に強い発電設備の技術水準の確保や非常災害時における緊急措置のルールづくりも重要ですが、どのような対策を講じようと検討が進んでいるのか。