参議院予算委員会一般質疑の中で、南スーダンPKOの陸自部隊を5月末までに撤退させると決めたことに対する国連の平和への貢献のあり方、そして国連安保理改革や常任理事国入りを目指すわが国の外交姿勢について、岸田外務大臣並びに稲田防衛大臣にただしました。